フォーラムで触ってきました~! PENTAX K-m

正式に発表されたPENTAXのエントリークラスの新機種、「K-m」。
K-mの「m」はママのエム~。
早速、新宿のペンタックスフォーラムで実機を触ってきました!

K-m-1.jpg


ボディのデザインは、とってもコンパクトで良いです。
重さはDSよりも重いのに、このコンパクトなボディには、むしろ軽すぎなくて良いと思いました。
それにボディの作りもしっかりしていて、C社のX2やらFのような安っぽさはありません。

さて、機体を手に取り構えてみると、手にしっくりきます~。
絶妙な握り具合です。
手の比較的大きな私でも違和感は全くありません。

ファインダーを覗くと、さすがにメガネの私には周囲がケラレてしまいます。。。
現在使っている*istDSと比べてもケラレは多いような気がします。
ファインダーの明るさやピントの山の感覚は、プリズム機には及ばないものの
十分見やすいと感じました。まぁ、あんまりMFはしないんですが。(笑)
(隣のK20Dと比較すると、やはりその違いの大きさは否めませんけど・・・。)

気になるAFに関しては、爆速とは行かないですが、十分スムーズでDSと比べれば
非常に早く、ストレスがありません。

連写は・・・、本当に秒3.5コマ?という印象。。。???

ピントが合った時には残念ながらスーパーインポーズの赤いポイントは光りません。
実は、これを非常に不満に思っていたのですが、実際触っているうちに、まぁ~
そんなことは大したことじゃ無いなと思い始めました。
それよりもこの小さくまとまったボディがとても気に入り、他の不満点が気にならないほどです。

フォーラムの係の方と色々と話しているうちに、FA35mmを持っていることを言うと
奥から、FA35mmを持ってきてくれました。
それを装着して、MFでピント合わせなどしているうちに、物欲がメラメラと燃えてきて
帰るころには真剣に検討しようかという気持ちになっている自分に気づきました。(笑)

この新型、決してママ専用機ではない、パパにも十分楽しめるカメラになっていると思いますよ~!


PENTAX K2000D → K-m

ついにPENTAXの新型の姿を見ることが出来ました。

K-m01.jpg
(webから拝借)

ボディーの大きさは、APS-Cのセンサー搭載機で最少という話がありましたが
なるほど、コンパクトにまとまっていそうです。

本体上部の液晶窓が廃止されてモードダイヤルが設置されています。
情報は背面の液晶に表示する方式に変えたのでしょうか?
コストを抑えるのと小型化の両方を期待しての判断でしょうね。

ボディのデザインは、PENTAXらしい形で、ひとまず安心しました。
単三電池対応ということで、さすがにグリップ部は従来通りの出っ張りで
MZ-3のような薄い形状にはなりませんでしたね。

それから、シリーズ名もK-mとなり、過去銀鉛一眼でもKMというのがありました。

さて、その姿を現した新型の性能、スペックはどうなんでしょう?
23日のフォトキナで詳細が判明するのは確実ですね。


ファインダーのお話し

新機種の噂が出てきたので、もう少しカメラの話です。

view_01-2.jpg

私が現在、使っているカメラ、*istDSのシルバーモデル。
いまやカメラのスペックとしては少々見劣りするかもしれませんが。。。

いやいや!画素数600万画素でも連写速度が2.8枚/秒でもAF速度がのんびりさんでも
ファインダーは今の入門機よりも極上の性能なんです。
それはひとえにペンタプリズムによるものなんですが、このお蔭でいまだに他社を含めた
ニューモデルに切り換えることなく現在に至っているんです。
(ただの金欠という噂もありますが・・・)

最近気になった機種は、PENTAX K200D、OLYMPUS E420、SONY α350などがあります。
しかし、E420もα350は、メガネを掛けている私には、ファインダー性能以前の大きな問題が!
それは、ファインダー像の周囲が大きくケラレたり、ぼやけたりで撮影どころではないんです。
もちろん、両機ともライブビューが売りなんで、ファインダーなんてという意見もあるかもしれ
ませんが、私は断然ファインダー見ながら撮影したいので、これは非常に痛いんです。

今使う*istDSはプリズムの見やすさもありますが、メガネでも周囲のケラレは非常に少なく
撮影中あまり気になった事が無いんです。
そういう意味では、K200Dはミラー機でも見やすく、優秀なファインダーだと思いますが、プリズム
と比較するとやはり・・・。あとボディの大きさをもう少しスリムにしてほしいのもありますね。

さて、この秋登場するだろう入門機、K2000D(?)は、やはりペンタミラーという点では少々残念な
気持ちですが、コンパクトで取り回しの良いボディであれば、それはそれで良いかもしれません。

もしかすると、その同型ボディでプリズム搭載の上位機が出るかもなんて勝手な妄想をしたりして。(笑)

あ、なんか気がついたら長文に・・・(爆)

PENTAX 新機種投入の噂(K2000D?)

某デジカメ関係のブログで、ちょっと久しぶりに面白そうな噂に遭遇しました。

Kシリーズの4桁機の噂は以前からありましたが、いよいよ発表が近いらしいです。
海外での名称はK2000Dで国内の名称は異なる名称になるとのこと。(まだ未定)

APS-Cのセンサー搭載機で最少になるという噂もあり、PENTAXの一眼レフカメラで
小型軽量機のアルファベットが与えられるという話もあり、なんだか期待に胸が踊ります。

勝手な想像では、あのMZシリーズのデジタル版になるのではと思っています。
デザインもあの路線で、シルバーボディならもうイチコロでやられてしまいそうです。

現在噂されるスペックは、1000万画素、2.7インチ液晶、単三電池、SR、DR、
ペンタミラー、AF性能向上、防塵防滴は無しで小型軽量。
発表は今月末のフォトキナか来月上旬ぐらい。

9月30日のキャッシュバックキャンペーンが終わる頃に、なんらかの動きがあるのでは
と思っていましたが、本当にそうなりそうな噂が出てきて嬉しいです。

ペンタミラーというところを除けば、かなり希望に近い新型になるかもしれません。

3000000276952_1.jpg


このまんまデジタル化して欲しいですねぇ~。


夏の思い出(その4:はるか)

まだまだ続く夏の思い出。
関空から京都への移動は「はるか」に乗りました。

IMGP6989.jpg
*istDS+SIGMA18-50mm

無表情な鉄仮面というイメージですね。

IMGP6988.jpg
*istDS+SIGMA18-50mm

車内は広くて快適でしたね。




夏の思い出(その3:関空)

さて、今度は関空です。
乗ってきた飛行機をパチリ!って小さいっすね。

IMGP6968.jpg
*istDS+SIGMA18-50mm

もう一枚、関空の中の様子です。
今回、関空初潜入でした。

IMGP6971.jpg
*istDS+SIGMA18-50mm

広いですね~。

夏の思い出(その2:ポプラ並木)

順番が正反対なんですが、旅行前半の北海道の写真です。
ご存知北海道大学のポプラ並木。

IMGP6945.jpg
*istDS+SIGMA18-50mm

写真にしてしまうと実際よりもこじんまりしてしまいますね。


夏の思い出(その1:金閣寺)

夏の休暇で、北海道と京都、奈良に行って来ました。

最終日にが撮影した鹿苑寺、通称:金閣寺の写真です。
私が一眼レフで撮った写真よりもバランスが良かったのでアップします。
何気に負けたような気が。。。(泣)

IMGP1979.jpg
PENTAX optio M30

金閣寺は今回初めて訪れたのですが、金箔で輝く姿が何ともゴージャスで気に入りました。

京都は何度行っても良いですね。


プロフィール

yonenchi

Author:yonenchi
PENTAXデジタル一眼レフカメラで撮影を楽しんでいます。
懐かしいフィルム一眼レフも手に入れました。

アクセスカウンター
ウィジェット
Follow yonenchi on Twitter
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク